♪一音が 人生の転機に  ~ASHURA その2~ 

皆さん



今回は 先日ご紹介した 阿修羅 第2弾(^^♪!     
              
          123942816640816124676_119491575792516129548.jpg ← 東博・平成館に展示中!(6/7まで)

本来は ”戦いの神様”らしく 憤怒の恐ろし~い顔を しているはず。

実際に
京都・三十三間堂の 阿修羅王 や
中国敦煌の壁画に描かれた 阿修羅は これぞまさに ”闘いの修羅場ぞ!”
といった感じの 形相を しています・・・(^_^;)。

ではなぜ
興福寺の阿修羅だけは あんなに きれいな憂い顔 をしているんでしょう??

フシギ フシギ~!

それには ちゃーんと 理由が ありました(^^♪!

なんと!
”♪音”に 関わりがある んです。


・・・ということで!  今回 阿修羅 第2弾♪
 
何かと ビジュアル面ばかりが 語られることの多い 
興福寺 阿修羅の 知る人ぞ知る ”♪音”との 深~い関わり
の お話をしますね(^^♪!

     ~   ♪    ~    ♪     ~     ♪     ~


 にうたれたように ♪音にシビれて・・” 

       ・・・ 皆さんも コンサートなどで そんな
          衝撃の音楽体験をしたことが 一、二度は あるでしょう(^^♪?


実は 戦いの神様・阿修羅も していたのです!

ただし
阿修羅の場合は 音楽 というより たったひとつの”音”♪

その 一音を聴いて 人生が 180℃変わって しまった
わけですから つくづく 音のもつ力は 無限大∞ であることに 
気付かされます!


阿修羅の聴いた その音とは・・・

        ”華原馨” の鐘音♪ でした。
          
his_convert_20090530144654.jpg 2a1292c6_convert_20090530143726.jpg

         ↑ ◆華原馨(かげんけい)◆ 平成館に展示中!(6/7まで)

        仏教の儀式に使う 楽器の一種です。

        うずくまる獅子の上に 4匹の龍が絡み合う 美しく 力強い姿が
        印象的です!  
                          

さてさて! ここで 簡単に 
            ●阿修羅の物語

          鬼のような形相で 闘いに明け暮れる日々・・。

          そんなある日 妙憧という菩薩が こう語るのを聞く。

          「夢で 大きな金鼓(華原馨のこと)を 見た。
          その音色に 『平和』を 聴いた。」 

          菩薩の話をきいた 釈迦は こう説く。 
          「つまり それは 悟りや懺悔を説く音 なのだ。」

          その後 とうとう 阿修羅も 夢で その♪音を 聴いた!

          妙なる響きに 引き込まれた阿修羅は その表情を変え
          改心し 戦いをやめたのであった・・・。



自らの行いを省み 仏に「今まさに手を合わさん」とする その瞬間の阿修羅を
とらえたのが 興福寺・阿修羅立像 なのです。

あの 内省の 憂い顔の影には 一瞬で 阿修羅を改心させた 
音♪の存在 が あったのです。



ぐぐ~っと 阿修羅&華原馨 に興味がわいた という方(^^♪!

今ならまだ 東京国立博物館・平成館にて 鑑賞できます(6/7まで)。

さらに 音声ガイドを借りれば 金鼓(こんく)の音♪体験
も できちゃいますよ~(^^♪!





スポンサーサイト

今日の花言葉  ~ベロニカ~

皆さん




 今日 5月28日の 誕生花


             ~ ベロニカ ~

       beronika.gif


        ヨーロッパの人々に好まれる 花。
        ”高貴さ” と ”霊的力の象徴” なんだとか。

        ベロニカという名前は キリスト教の *聖人ベロニカ
        にちなんで つけられたもの。 

        ベロニカは その霊的力をもって
        ”ヴェールに キリストの顔を写しとる 奇跡を体験した人”
        と 言い伝えられています。


『ベロニカ』 の 花言葉 ・・ 名誉

          ● 先入観にとらわれない 自由で ユニークな
            発想の持ち主!

     ~     ◎     ~     ◎      ~      ◎      ~

* 聖ベロニカ ・・・ カトリック教会・正教会の聖人。

           «言い伝え»
              ベロニカは エルサレムの敬虔な女性であった。
              彼女は 十字架を背負いゴルゴタの丘へと歩く
              キリストを憐れみ 額の汗を拭くよう 
              自身の身につけていたヴェールを差し出した。

              キリストは 彼女の申し出を受けて汗を拭き 
              ヴェールを彼女へ返した。

              すると 奇跡が起こった!
              ヴェールに キリストの顔が 浮かび上がっていた
              のである。

      
* 『誕生花366の花言葉』(写真・夏梅睦夫/大泉書店) より 



古代のイケメン!  ~ASHURA~

皆さん



今 若い人たちの間でも 人気沸騰のイケメン★  といえば こちら!

「国宝 興福寺創建1300年記念 阿修羅展」で 東京国立博物館平成館 に
特別に 展示されている

      ● 阿 修 羅 立 像 (あしゅら りゅうぞう)!

イケメンたって 仏像なんですけどね(^^♪。

奈良の古代に こんな綺麗な顔形と 姿をした人が いた!ってことですからね。
しみじみ~と 感動が広がります。

その凛々しい お顔を前に  思わず両手をあわせて 拝む人が多数!だとか。

チラ見では よくわからないもの なので
お顔だけの ★ド・アッ~プ で いきます!

少~し斜めからの 最高のアングルで  ・・と(^^♪。

       
       123942816640816124676_119491575792516129548.jpg
       ↑ まっ まばゆいばかりの 美しさ・・! 
            
         “イケメン仏像”こと ”国宝・阿修羅立像” 
           ~天平彫刻の代表作~
                         


       
      ●阿修羅のこと

         ・・・ “アスラ” という古代インドの神様が 仏教に溶け込む中で誕生。
            “戦いの神様” です。

            本来は その出自から 恐ろしい表情をした像が多いのですが
            こちら興福寺の“阿修羅像”だけは 物憂げな表情の 若い美少年!


      20090505202418_01_400.jpg
         ↑ こちらが ”阿修羅立像” の全身!
              ・像高153センチ  ・奈良時代(734年)乾漆造

             ~ ♥美形で しかもスレンダー!! 
                       ・・くくっ この細腕が にくい?(^_^;) ~




      この「阿修羅」は 3つの顔 を持っています。

      ◎ 右の顔は 唇をかみ 眉を少し上げ 怒り 悔しさ 忍耐の表情に
        見えます。

      ◎ 左の顔は 心の中を見据えている 複雑な表情。

      ◎ 正面の顔は、凛として前を直視し 憂いをおびた慈悲の表情を
        しています。



ニュースで 阿修羅の感想をたずねられた 女子大生が 
”こんなイケメンは 身近にいませんっ!” と 興奮気味に話していましたっけ(^^♪!

まぁ 確かに
小顔 & 整った顔立ち & 8頭身の細身 とそろえば
立派すぎる 現代版“イケメン” ってことになりますよね!

これが 1300年も前の 奈良時代に生まれたなんて 
ホント 信じられな~い(^^♪!

ところで
東博の平成館では ありがたいことに 今回特別!
360度 好きなところから 観れるように 配置されています。  

うしろ姿も ばっちり見れるんです(^_-)-☆!

奈良の興福寺では 背中が壁の ガラスケースの中ですからね、
私などは 今回真っ先に 背後に回ったくらい (笑)!! 

身にまとった布 や 装飾品なども とってもオシャレです!

足元は?? と目をこらせば はき心地のよさそうな サンダルでした。
この夏の流行 先取りかも(^^♪。

     ~   ☆    ~    ☆    ~    ☆     ~

ご興味のわいた方
ぜひ 上野まで 足をお運びくださいね(^^♪!

美しいものを観るのは とってもいいことです。

 綺麗なものを た~っぷり見て 
             目と心の保養にしましょう(^^♪! 




参加希望 出揃いました!  

皆さん




第8回 ♪ソロにチャレンジ! の参加 ★30名
嬉しい 初挑戦メンバーも 仲間入りです(^^♪! 


      IMG_0761_convert_20080618161825.jpg   IMG_0629_convert_20080410233806.jpg
       ↑ ソロにチャレンジ! 本番の風景より ↑
         ~ ご覧のとおり スポットライトのあたる中
                 ひとりで 弾くんです (^_-)-☆! ~



来月 ●6月20日(土) アミューたちかわ 
チャレンジャーの皆さんの奮闘を おおいに期待しています(^^♪!


        hi03p1.jpg


歴史&響きのよさで 定評のある アミューたちかわ。

日頃の練習の成果を発揮する場として ふさわし過ぎる!ステージです。

本番まで 残り1か月を きりました。

準備は いかがですか?
直前になって 慌てないように そして 悔いを残さないように
今から 必死の追い込み練習を 行うべし (^^♪です!



目覚めよ!

皆さん




♪音楽家のバッハは ♪コーヒー・カンタータを作曲し
♥小説家バルザックは コーヒーを 飲み続けて 小説を書いた、
というお話は すでに しました(^^♪!


今回ふたたび コーヒーの話題!

おもしろい本を ご紹介します(^^♪!   

       32152339.jpg
             ↑  『斎藤孝の ざっくり!世界史 
                歴史を突き動かす「5つのパワー」とは 』
                    斎藤孝/著  ~祥伝社~



この本の 第3章!
斎藤さんは 近現代における コーヒーの世界的広がりに注目して 
こんなふうに ざ~っくり 楽しく 語っています。


     中世において 人々の飲み物は ●ワインやビール だった。  
     アルコールは 理性のたがをゆるめ 欲望をめざめさせる。

     中世の 開放的な空気は アルコール摂取量と 関係ある。

     コーヒーは ヨーロッパで 禁欲的なプロテスタント派 を中心に 広がった。
     彼らは
 ●コーヒーを飲み 意識を覚醒させ 理性的に
     生きようとした。
     彼らが求める 冷静で厳格な意識に コーヒーが ジャストフィットして 
     広まっていった。



な~るほど!
コーヒーが 時代の流れ = 覚醒する意識 にフィットしたなんて
おもしろいですよね(^^♪!

アルコールは まどろみ。
コーヒーは 目覚め!


中世から近現代まで 飲み物の歴史(主流)が アルコールからコーヒーに移っていく点に
ざっくり 注目して

”人類が まどろんでいた歴史から 
             だんたんと目覚めてきた証拠だ!”

と いっているんですね。


また スタバ大流行の 日本・中国 などアジアにも 注目しています。

思えば アジアは もともと お茶文化の国。

ところが 今では
日本・中国とも 町のあちこちに コーヒーの芳香を漂わせた
スタバはじめ カフェが 立ち並んでいます。

    ~ スタバの特徴 ~

      ● 早朝や 外出中に 仕事の準備などをしている ビジネスマン。
      ● 試験&受験勉強をする 学生や社会人。


そうなんです!
スタバは のんびり おしゃべりする場 というより 
      気合を込める場所! だったり 
      目標のために 集中する場所!  なのです。


斎藤さんは こうしたコーヒー流行の傾向を
”日本はもちろん アジアが 目覚めている証拠だ!” 
とも いっています。


皆さんも 想像してみてください(^^♪!

(アルコールはさておき・・)
お茶って ほっとひと息・・ って思うときに 飲みませんか。


200px-Black-tea.jpg  180px-Green_Tea.jpg
↑ のんびり アフタヌーンティは いかが?    ↑ 玉露で ほんわか~


”よ~し! なんとしても今日こそ!” とか ”眠気を吹き飛ばしてファイト!”
と気合を入れたいときには コーヒーをいれませんか?

        眠らない原動力 ♥コーヒー
            VS
      ゆったり休憩
 ♥お茶 
 


さぁ(^^♪! 
今日も 私は ”覚醒のコーヒー” でいきます。

皆さんは どちら派で いかれますか~??



♪~ 天使の歌声 ~♪ 

皆さん



ただいま ”ルーヴル美術館展” 開催中の
乃木坂にある 国立新美術館に 行って来ました。

お気に入りの美術館の中の ひとつです(^^♪!

       
ロビーに入るなり 館内アナウンスが 耳に入ってきました。


  ♪”これより ウィーン少年合唱団のコンサートが 
   始まります・・・”


        ・・わぁっ(^^♪!!  これは サプライズ!


ちょうど ウィーン少年合唱団の歌声を 生で聞いてみたいと 
思っていたところ だったんです。

こうなったら 展示を見てる場合じゃありません!

指定の場所に行くと 仮設ステージに
レトロ&ゴージャスなグランドピアノ が 置いてあります。

気のせいか ★光輝いて★ 見えます! 


●ベーゼンドルファーピアノ ”エンペラー” のレプリカ!
    ↓     ↓      ↓       ↓       ↓

     ・搾セ橸スー繧シ繝ウ繝峨Ν繝輔ぃ繝シ縲						<div class=

コーヒーは 黒い油・・?   

皆さん



前回 ♪バッハのコーヒー好き のお話を しましたが
一言で ★コーヒー党★ といっても いろいろ・・ です(^^♪!


     フランスの 小説家★バルザック  

      200px-HBalzac.jpg
       ↑ オノレ・ド・バルザック  1799年-1850年  
       

      こんな 言葉を残しています。

    ~ コーヒーだけが 想像力豊かな 
     この労働機械の活動
 (*執筆活動のこと) 
     再々うながす
 黒い油 であった。 ~ 


多作作家として 知られる バルザックは ”創作の天才” といわれるほど
アイディアが尽きることがなかった そうです。

"天才” という以外に もうひとつ 呼び名がありました。

       ”眠らない小説家” 

      バルザックは 夜中に 50~60杯!もの大量
      それも かなり 濃いコーヒーを 飲んでは
      ひたすら 執筆をした。
      一週間眠らずに 書き続けたこともあった。

そうした生活を 20年間続けた というから オドロキです(0_0)!

”黒い油” ですからね・・。 濃すぎて どろどろ~ たら~っ! 
                ・・・ ううっ。。 想像しただけで 胃痛が。。(^_^;)

私も 二胡の練習前に 気合のスィッチのかわりに
必ずコーヒーを 飲みますけどね。

適量さえ守れば 確実に コーヒーは 集中と活力を呼んで来てくれますから!

とはいえ
夜は ほどほどに 眠りたいですね(^^♪!

私は ”眠らない二胡講師” には なれそうもありません(笑)!!



コーヒー大好き★ ♪コーヒー カンタータ

皆さん



世界を二分する飲み物といえば・・・

         ●コーヒー & ●お茶


皆さんは どちら派ですか~?

私は コーヒー党 !!  180px-A_small_cup_of_coffee.jpg
                  ↑ ブラック派? 
                       それとも カフェラテ派?


朝起きて 目覚めの1杯。  
それから 朝食のときに もう1杯。

お昼までに 2杯は飲まないと テンションが上がりません。

二胡の練習に入る前にも 必ず1杯。
コーヒーを飲んでいるかどうかで 気合や集中力が 違います(^^♪!


ところで
あのドイツの作曲家 バッハは コーヒー愛飲家 だったこと ご存知ですか?

宗教色の強い曲が 特に有名なこともあって
なにかと 厳しく&お堅~いイメージばかり 先行するバッハ。

            bach_r_1.jpg
              ↑  えっ? 顔が怖いですって(^_^;)(^_^;)

 
実は 自分の好きなコーヒーを題材にした 明るく&楽しいカンタータだって
作っているのです。


    その名も・・
      ♪コーヒーカンタータ ★  BWV211 
                         
             
      コーヒー ブームが ドイツに上陸したのは1670年代後半。
      コーヒー好きがこうじて バッハは 1734年
      風刺喜劇 ♪「コーヒー・カンタータ」を 作曲しました。

      物語は 当時 女性がコーヒーを飲むことは好ましくない という
      風潮を 皮肉ったもの。

      コーヒーのことばかりを考えている若い娘と 
      それを やめさせようとする 頑固な父

      2人の 愉快な掛け合いを 描いています。
      
      父(バリトン)が ”女だてらにコーヒーなどやめなさい!”
      といった言葉を 並べ立て 娘を 叱り付けます。

      その後 少しも懲りない娘が それはそれは
      素晴らしくよく響く とろけそうに美しいソプラノで  
      こう熱唱するのです(^^♪!


     ♪ ああ、コーヒーの味のなんと甘いこと!
         千のキスより 素晴らしく、
        マスカット酒より もっと甘い。
    コーヒー、コーヒーなしじゃ やっていけない! ♪
 
                        (日本語訳)
         


お父さまの叱責なんて 無視よ!という風で 愉快愉快(^^♪!

それにしても こっこれは・・!
すでに禁断症状が進んでいるような・・?  ははっ(^_^;)。
  

バッハのカンタータは 教会カンタータ ばかりでなく
こうした 人々の生活の香りがする ユニークな ”世俗カンタータ”
というのも たくさんあるのです。

なんだか バッハの人間らしい ユニークな一面を のぞき見たような
気がしませんか?

あらためて バッハに興味がわいてきた という方
ぜひ とっつきやすい ”コーヒーカンタータ”から 聴いてみてください!

むくむくっと 元気がわいてきて きっと笑顔が こぼれます(^^♪!!


注*! カンタータ = 器楽伴奏付き 声楽作品のこと。



♪おくりびと

皆さん




もう ご覧になられましたか??
今年 アカデミー賞 外国語映画賞を受賞した ●「おくりびと」! 


      tnr0902240812006-n1.jpg


まず 感じたのは 映像と音楽が 美しい こと!

圧倒的な 演技力を見せ付けたのは 他でもない 山崎努さん(^^♪!

音楽は 宮崎駿アニメなどで 著名な作曲家 久石譲さん
主人公が元チェリスト ということもあって 音楽はチェロがメイン。
重厚な音色のチェロが ストーリーとぴったり重なっています。 


この映画は 青木新門さんの著書「納棺夫日記」(文春文庫)
をもとに 作られています。  

        01347053.jpg


ここまで真っ向から 亡くなった方にたずさらる人のお仕事が 注目される
ことって あったでしょうか?

私は 納棺夫という仕事があることを この映画ではじめて 知りました。

また 納棺までの作法が 大変に細やかで 思いやり深いことに驚き
さらに そのひとつひとつの所作の美しさに 見入りました。

大切な身内が死して最後に こんな風に扱ってもらえたら 幸せだな・・と
つくづく感じたものです。

この映画のヒットで日本でも 以前より 死生観が 語られるようになりました。
いいことですよね(^_-)-☆!

生きるって 死と 同一線上にあるんですから(~_~)!

もっともっと オープンに明るく どこで誰とでも 語り合えるようになると
いいですよね。


    ~   ★   ~   ★    ~    ★    ~    ★   ~

前述しましたが
この映画の音楽は すべて 久石譲さん による作曲です。

演奏は NHK交響楽団や東京都交響楽団の 12人のチェロアンサンブルと
若きチェリスト古川展生さん。

テーマ曲の ♪「おくりびと」は 美しいメロディが 心にしみわたるよう・・。

グノー作曲の♪「アヴェ・マリア」も チェロの重厚な音色が
スクリーンの哀愁と あいまって とてもいい感じでした。

そうした中でも
特に 印象的だったのは こちら ♪「GUI-DANCE」! 

チェロのピチカートが ワルツのリズムにぴったり軽やかで いいんです!

全体に しっとりしたメロディが多い中で この曲だけ明るさにあふれています。

軽快なピチカートに ”生きる 希望のようなもの” を 感じたからかも
しれません。

「おくりびと」を これから ご覧になられる方は
映像やストーリーだけでなく バックを流れる
♪音楽にも ぜひ耳を 傾けてみてくださいね(^^♪!!


♪ラ・フォルジュルネ その2  ~ パラライカ ~ 

皆さん



つくづく 世界は 広~い(^^♪!

それぞれの国に それぞれの民族楽器が あるんですが
今年の ラ・フォルジュルネでは  
ロシア民族楽器アンサンブル ”テルム・カルテット”が 注目の登場!

バッハの曲を ロシア風に編曲して演奏するって 噂でした。

ロシアの楽器で バッハ~(^^♪!
ものすごく わくわくしました。

ステージに 次々と はじめて見る楽器が そろっていきます!

アコーディオンそっくりの バヤン
ウクレレみたいに タマゴ型の弦楽器は ドムラ

中でも ホールがどよめいたのは  ♪バス・バラライカ 

     balalaika.jpg
      ↑ 三角形なんです(^^♪! 
         一番右の ビックサイズが バス・バラライカ

       ~ コントラバス 同様の ♪低音楽器です。 ~


曲は 舞曲のような風合いの 踊りだしたくなるような編曲もあれば
しみじみ~っ・・と 聞かせてくれる ロシア風アレンジもあってと 大満足。


一番 心にしみたのは
  ♪「G線上のアリア」 
  管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068より 


これは ヴァイオリンと いい勝負!
文句なしに 美しかったです。


 ●バラライカ ・・・ ロシア語で балалайка
     ロシアの弦楽器のひとつです。

     共鳴胴が三角形と この特徴のある姿は 19世紀の末に
     ロシアの音楽家たちの手によって改良・完成されたんだそうです。

     弦は3本。
     弓は使わずに ギターのように 右手の指で 弦を直接弾いて
     音を出します。


    ~ ♪   ~   ♪    ~   ♪    ~   ♪    ~

いや~
はじめての音色♪での バッハ演奏♪  フレッシュな刺激があって 楽しかったです!

いつか ラ・フォルジュルネに 
  二胡(ERHU アルフー)が 登場する かも????(^^♪


帰ってきた♪バッハ!  ~ラ・フォルジュルネ音楽祭~

皆さん




   ラ・フォルジュルネ音楽祭 2009 ~熱狂の日~

今年もまた 行って来ました(^^♪!

開催期間は 3日から5日までの3日間。

期間中は連日 朝から晩まで 有楽町の東京国際フォーラムの全ホールで
世界一流の 音楽家たちによる演奏 と ステージパフォーマンスを 楽しむことが
できるのです。  

年に一度の お楽しみウィーク!

今年のテーマは バロック時代を代表する 作曲家 バッハ♪ 


      PIC_0081_convert_20090507083622.jpg

            ↑
            あちこちのスペースで ひっきりなしにコンサート♪
            期間中は ホールだけでなく
            有楽町の町いっぱいに ♪音♪があふれ出る☆!
                                          ↓

      PIC_0087_convert_20090507084451.jpg


私は今年 6つのコンサートを 堪能しました。

特に 心に刻印された演奏は 2つ! 

オーケストラも 合唱も ピアノも それはそれは よかったです。

それでも!

  やはり 弦楽器 ヴァイオリン♪が 最高でした!


  ? ♪ヴィオリン協奏曲1番イ短調 BWV1041を 演奏した
      ロシアの青年ヴィオリニスト・●ドミトリ・マフチンさん!  

       バッハのヴァイオリン協奏曲は もともと大好きな曲ばかり☆!
        
       それでも 今回 ドミトリさんの第1番の演奏を聴いて 
       はじめて 涙がこぼれました。

       これまでは 1番という曲は 全体を なんとなく良いな、と
       感じていただけでした。

       が!
       ドミトリさんの演奏には 独特の ”掴みとられるような” 強いパワーが
       あって あるフレーズが 浮き彫りになるというか
       そこにだけ 強い光があたったような そんな強烈な箇所が
       ぽつんぽつんと 出てくるんです。

       強烈な印象と衝撃が 残りました。

       演奏後も 興奮して いつも以上に多弁になって・・(^_^;)。
       いつものことですが・・。

       ああ また ドミトリさんの演奏を 生で聴きたいです。


  ? ♪2つのヴィオリンのための協奏曲二短調 BWV1043

       同じくドミトリ・マフチンさん と
       フランスの新進☆女性ヴァイオリニスト ●ファニー・クラマジランさん

       この曲の素晴らしさは 同等の力が発揮されて はじめてわかるもの。
       
       パワーの際立つ ドミトリさんと 柔らかく洗練された音色のファニーさん
       2人の音の競演です!
 
       楽しみで 心臓がどきどき☆しました(^^♪!

       音が始まったら まばたきするのを忘れました。
       それほど 夢中に聞きいったのです。

       ファニーさんは ステージパフォーマンも素晴らしいですから
       見ていても飽きなかったです。

       演奏しながらの 体の動きが すごく格好いいんです!

       ステージは 聴かれるだけなく 見られものでもありますから
       パフォーマンスも 大事な要素 ですね。

       西洋の方は 背筋をのばし 胸をはって 大またに歩きます。
       立っているだけで 堂々として見えます。

       身のこなし方が 洗練されている!んですね。

       私たち日本人も こういう点はおおいに 見習いたいですね。
   

     PIC_0083_convert_20090507085816.jpg
        ↑   今年も大変な人出でした(^^♪!



    来年の ラ・フォルジュルネでは どんな演奏が聴けるでしょう。
    新しい演奏家との出会いが 楽しみです。

    ああっ! もう今から 待ち遠しい気分です(^^♪!!


       

星夜を眺めて・・・

皆さん



   ~五月晴れ*●*  
という言葉があるくらい 天候のいい日が多い 5月。
朝晩 寒くもないし 日中だって 暑すぎる ・・なんてことも ありません。

こんな心地よい季節!
お休みの日の夜は 星空を眺めて のんびり過ごしてみませんか(^^♪?


      こ・ち・ら   5月の星座  です。
 

starchart_convert_20090502153142.jpg


夜の星空は 宝石箱のように きらきらと☆煌いて 素敵ですよね!

この広~い宇宙。 
でも!
見えている宇宙は 全体のわずか4パーセントで
残りは暗黒世界 なんだそうです。

夜空を見上げていたら ふと 昨年ノーベル物理学賞を受賞した
益川さんのことを 思い出しました。

            小林・益川理論の 益川 敏英(ますかわ としひで)さん。
          ↓ ユニークな方です(^^♪!


          180px-Toshihide_Masukawa-press_conference_Dec_07th2C_2008-4.jpg

記者団に 喜びのコメントを 求められて

           「大してうれしくない」 
           「36年前の過去の仕事ですから」
           「ノーベル賞をとるために 研究しているわけじゃありません」
           「ノーベル賞は 世俗的な物」

媚びず 受けも狙わない 飄々とした態度。
昔ながらの 学者然とした姿!

あまりにも痛快だったので 画面の益川さんに向かい 拍手を送りましたっけ(^^♪!

どの世界でも ”本物”って いつだって自然体です。 

あっ!
益川氏がノーベル賞をとった その理論も 人物同様に
大変ユニークだと 思います。

私も 理数系には 疎いんですけどね・・(^_^;)。 

中でも 物理は特に苦手でしたから 高エネルギー物理学
なんていわれても 用語は難しいし よくはわからないんですが
できるだけ 聞きなれた言葉で お話してみますね(^^♪! 


   ~   ★    ~    ★    ~    ★    ~    ★    ~

我たちの住むこの宇宙は 約100億年前の ビッグバン(Big Bang)と
呼ばれる大爆発から始まり 現在も 膨張しています。

         class-9-1-1.jpg
            ↑  ビッグバン

最初は 星も生命も存在しない 素粒子が飛び交う状態でした。

膨張とともに 温度が冷え 現在我々が目にする 月や惑星が
次々と 形成されていったのです。

本来なら 大爆発ですから 消滅しているはずのもの。

ところが ”CP対称性の破れ”と いうものがあったために
物質(爆発の残りカス)が形をとり それらが 宇宙を 形作ったのです。

益川さんは その”CP対称性の破れ”を 36年もかけて 実験を繰り返し
解明するに至ったことで ノーベル賞をとりました。


・・・ 私たちの生きている地球だって 宇宙の一部。
太陽も月も おとめ座も 北斗七星だって 皆みんな そうなんです。

地球だとか 火星とか 太陽系とか ○○星団とか
今でこそ 格好のいい名前が ついていますが それらすべてが 
もともと 消滅するはずだったもので 
たまたま残った物質 = カスだってことが
はっきりと 解明されちゃったんですね。

いや~  カスかぁ!
愉快愉快~(^^♪!

大人になると 空を見上げることが 激減するんだとか。
現実に直面して 疲労し 夢見ることを 諦めちゃうんですね。

でも! だからこそ!
見上げましょうよ すぐそばにある 星空を。

なぜって?
未知にあふれた 広大な宇宙にこそ 夢とロマンがある
のですから ! ね(^_-)-☆!



分かんないから ハッピ~?

皆さん



今話題のこの本 ご存知ですか(^^♪?


         32161609.jpg
          ↑  『偶有性幸福論。 人生何が起こるか分かんない。』  
                  江原啓之/茂木健一郎著
                   ~エンジン01選書~
   
            

日本が誇る識者たちが 日本文化の再構築と銘打って エンジン01(ゼロワン)
という ボランティア集団を 作りました。

林真理子さん や 三枝成彰さん といった 文化人や学者が中心になって
活動しています。

その中での 特に特に 今こそ時の人!ともいえる
スピリチュアル・カウンセラーであり オペラ歌手でもある江原啓之さん 
NHK人気番組”プロフェッショナル”の司会者・脳科学者の茂木健一郎さん

この2人が 昨年 ”幸福になるために” をテーマに
新潟で 公開セミナーを 行いました。

この本は 2人の対談内容を そのまま再現! 書籍化したものです。

立場や職業が違えば ”幸福論”を語る上でも 意見や考え方が
大きく対立するのでは? と思いながら わくわく(^^♪の興味津々で
読み始めました。

え?お固い内容の本じゃないですか、って?
       ・・・ とんでもない(^^♪!

びっくりするほど 読みやすく 楽しいんです!

立場の異なる2人ですが 共通点がある!と 私は感じました。

       まずは・・
       ♥目に見えず 科学でも証明できない 現象や
      事柄が この世に存在すると 信じている
 こと。  

それから お2人とも 
       ♥おごり高ぶらず 
         人間味と優しさに あふれ 
ていること!
   
”本物”は いつでも どこでも 相手をあるまま受け入れ 自分も自然体 なのです!


  ~江原さんが 語った 最も印象的な言葉~
       ★想像力を 持とう! 
          
           ・想像すること = ”愛”!

           ・相手を思う 想像する心の大切さ。

           ・日本は もともと 想像(愛)にあふれた”陰徳”の国だった。
                      ↓
           ・表に出さず 言葉にもしない。
            目立たない 陰での 思いやり&心配り の美徳!




  ~茂木さんの語った 最も印象的な言葉~
       ★”どうなるか分かんない”から 良いんです! 

           ・脳は喜ぶと ドーパミンという物質を出す。
                       ↓
           ・ドーパミンが出ると 人は自然と にっこり笑う!
                       ↓
           ・ドーパミンは ”偶有性 = どうなるか分かんない” ことに
            反応して出る!
  


             yun_946.jpg


皆さん! 想像してください。

思えば 二胡を弾く って 一言でいっても
教室やステージで 演奏するときには 誰だって どうしても緊張しますよね。

”うまくいくかな・・? ミスしたらどうしよう・・ 
          ああっ!どうなるか分からな~い! ” 

結果が分からないことに 挑戦する!
これって まさに 非日常体験 です。

ほとんどの皆さんは 苦しい→辛い→逃げ出したい・・ と感じるのですが 
正直いって 脳は 喜んでいる(~_~)んです!

ひきつり笑いだって ドジをして泣き笑いだって いいんです。
笑いには 違いないでしょ(^^♪?

二胡を通じて ”どうなるか分かんない” どきどき☆わくわくすることに
どんどん挑戦して 脳を喜ばせ ハッピ~♥になりましょう(^^♪!



     
プロフィール

岩本薫美子★クミコ★

Author:岩本薫美子★クミコ★
http://www.facebook.com/pages/create.php#!/kumiko.iwamoto.33

 1998年より上海に留学。
上海音楽学院民族楽器系・王永徳氏に師事。
 帰国後『楽コーポレーション』立ち上げと同時に 講師として指導を開始。
 ソラーレ二胡合奏団主宰。
 2010年秋 二胡・ヴァイオリン・チェロの弦楽アンサンブル アルカナを結成。コンサートや音楽祭・イベントなどに多数出演している。

♪アルカナのブログ
http://arcanastar.blog76.fc2.com/

◇活動がテレビのニュース番組に取り上げられました!2013年2月18日 東京ベイネット(江東ケーブル)放映

◇活動がテレビのニュース番組に取り上げられました! 2012年12月12日マイテレビ放映

新聞記事になりました! 毎日新聞
428850_498257070200035_1196680727_n.jpg

◇コンサート情報が新聞記事になりました! 福島民報
12010701_convert_20131106161009.jpg

◇活動が新聞記事になりました! 福島民友
20131108福..

◇活動が新聞に掲載されました!
2015.1.12北海道新聞朝刊 2015年1月12日北海道新聞朝刊


『多摩ら・び』8月号にコンサート情報が掲載されました!
CCF20120819_00000_convert_20120819215043.jpg


♥5月30日(木)アルカナIN国立代々木競技場
12022901_convert_20130513204522.jpg

♥6月1日(土)二胡とピアノの調べ コンサート
0601-niko-thumb.jpg

♥8月3日(土)星読み&アルカナ チャリティコンサートvol3
2013.8.3 チラシおもて

◇星読み&アルカナコンサートの情報が、SEKIYA通信&国立歩記の 夏増刊号に掲載されました!
extra2013.jpg


2014
♥6月21日(土)二胡とピアノの調べコンサート
niko-thumb.jpg


♥7月13日(日)サマサマサマー チャリティコンサートvol4
2014.7.13 サマサマ☆ サマー_0001 (2)

♥8月24日(日)トリコロ―レ音楽祭in石巻 出演
12021201 (2)


♪お問合せ
楽コーポレーション gakustar@hotmail.co.jp までお気軽にどうぞ!

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる